上長岡ファーム

10月4日読売新聞奈良版に柿の葉プロジェクトが掲載されました。

img_0780

山の辺の道周辺の柿畑の放棄地は急速に広がっており、日本最古の道として人気の高い山の辺の道の景観が失われつつあります。今のうちに景観を保持しながら、収益も上げてゆく柿の葉プロジェクトの進展は天理市及び奈良県に多くの利益をもたらすと信じて、上長岡ファームは活動してまいりました。
この活動は地元だけでは限界も感じ、柿の青葉の出荷先の拡大、柿の葉茶の普及など、奈良県や天理市そして国の後押しなしでは進めていくことはできません。皆が本気にならないと成し遂げられない状況です。是非とも皆様のご協力をお願いいたします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です